ケーナについて


●ケーナの歴史:ケーナの歴史は古く紀元前にさかのぼると言われています。遺跡からも骨や土で作られたケーナが出土しています。その後、西洋音階の影響を受けて現在のような形になりました。材質は、以前はカーニャという葦で作られたものが主流でしたが、現在は竹を使ったものや、木をくりぬいたもの、牛骨や黒檀で作られたケーナもあります。日本でケーナが広まったのは1970年代にサイモン&ガーファンクルが演奏した「コンドルは飛んで行く」がヒットしたおかげです。それと前後してアルゼンチンやボリビアの音楽が日本に紹介されて知られるようになりました。

●ケーナの種類:G管といわれるケーナがもっともポピュラーなものです。これは基音がソの音です。これより1音低いF管、ケナーチョといわれる基音がレのD管などあり、曲によって吹きわけることがあります。

●ケーナの吹き方:ケーナの構造はリコーダーなどと違いリードと呼ばれるものはなく、尺八と同じ原理で歌口に息を当てて音をだします。そのため、きれいな音がでるようになるまでに時間がかかります。
(1)唇をキュッと閉じて、中央にわずかな息の通り道をつくります。頬の筋肉を使って唇を左右に引っ張ります。
(2)歌口の内側が下唇に引っ掛かるような感じでケーナを下唇にあてます。
(3)できるだけ細くとがらせる感じで歌口に息を吹きつけます。ケーナをあてる位置や角度が合わないと音がでませんので、いろいろ試行錯誤してみてください。



下町ケーナ同好会の覚書日誌


(同好会はみんなで演奏を楽しむ会ですので、フォルクローレの“知識”については別Webを検索願います。)




【ケーナ編】

● ケーナは上記にあるように、“ちくわ”のような筒状に抜けた管の入口に削った“歌口”にうまく息を当てて音を出す楽器です。

・・・ 筒を咥えたら、音は出ません。

・・・ 初めて手にして直ぐに「ぴ~ッ」と音が出る方は少ないです。

・・・ ちょっとした”コツ(上記の吹き方参照)”をつかめば音が出ます。

・・・ 音が出せるのか、まずは体験してみましょう。

・・・ ので、我が「同好会」に参加されることをお勧めします。

・・・ ホラ!

● 音が出たら、次はメロディー(音階)を吹いてみましょう。

・・・ ケーナの穴の抑え方は、リコーダーと同様です。

・・・ リコーダーの全く同じ抑え方で曲になります。
   (キーは違いますが・・・)

・・・ リコーダーの場合は、全穴を塞いで「ド」となります
   ハ調の管

・・・ 標準ケーナでは全穴を塞いで「ソ」となります
   「♯ファ」のト調の管

● 次はオクターブ上の高い音に挑戦しましょう。

・・・ 音量も大きくなっているはずです。

・・・ のでご近所との穏やかな生活のためにも、練習する場所を考慮しましょう。

・・・ ので、我が「同好会」に参加されることをお勧めします。

● 2オクターブ上の「ミ」を自由に出れば私もプロに!
  と、考えてしまうのは私だけか・・・




左が  ”でっケーナ” 「D管」正しくは「ケナーチョ」
真中が ”通常ケーナ” 「G管」          ・
右が  ”ちっケーナ” 「A管」演奏のために作成頂いた



● ケーナの説明する場合編・・・

・・・ 演奏時の時間稼ぎには楽器の説明が便利。

・・・ 「田中健さんで有名な」「尺八に似た・・・」と説明するが伝わりにくい様子。

・・・ ケーナとオカリナは混同されやすい。

● ケーナ購入編・・・

・・・ ケーナには音程の微調整の仕組みがないので、購入する際に確認が必要。

・・・ 「ちゃんとしたところで買ったケーナ」であっても、確認が必要。

・・・ 合っていなかった時はどちらかのケーナに合わせて再購入。

・・・ 必然的にケーナの所持本数が増える。

・・・ 同じケーナ製作者で合わせるのが確実性は高いが、ずれることもある。

・・・ 吹き方で音程が変わる。

・・・ 練習を重ねると、同じケーナでも音程が変わることがある。

・・・ CDやレコードの音程は標準ではないことがあるので合わせにくいことがある。
   (キーとキーの中間音の原曲に合わせて吹ける友人が私にはいる)



尺八、篠笛、手作りリコーダが紛れ込んでる
 わかるかなぁ〜 わかんねぇだろうなぁ〜


【演奏編】

● 演奏で人が集まらないときはとりあえず「コンドルは飛んでいく」を演奏。

・・・ エンディングのソロの部分で拍手が始まってしまうと、ちょっと気まずい。
   まだしばらく演奏は続きます。

● 類似した曲が多いので、イントロ後に始めたらメロディーが違っていることがある。

・・・ 題名を聞いていても、準備していた曲とメロディーが違っていることがある。

・・・ 下町ケーナ同好会は大勢いるので、何食わぬ顔で(軌道修正して)演奏を続ける。(たいてい演奏後に間違ってた指摘が来る。バレてた!)

・・・ エクアドルのリズム「サンファニート」はイントロとメロディーが違っていてもそのまま進めることが可能く

● 弦楽器などがまだ間奏の演奏途中なのに、演奏を始めてしまうフライングのメンバーがいる。

・・・ 大抵はフライングした本人だけが気がつかない・・・

・・・ 結局はフライングした人に全体が合わせて演奏は継続される。

● 繰り返しの多い曲は何回目を演奏しているのかわからなくなる。

・・・ 特にエクアドルのリズム「サンファニート」の曲は何回繰り返したかわからなくても、そのまま進められていく

・・・ 終わった後に繰り返し回数を確認するとみんなが違った意見を言う。

● お子様など、お客様が演奏にあわせて体でリズムをとってくれていると、演奏者は大変幸せな気分になる。

・・・ 観客の手拍子が始まると演奏側も調子がよくなり大きな音になる。

・・・ 観客にスペイン語がわかりそうな人を見つけると・・・唄声が小さくなる。

 


アルマジロを利用したチャランゴ
ケーナとサンポーニャ    ・
後ろにボンボも写ってます  ・


【その他の楽器編・・・あるある】

● 楽器説明の定番。

・・・ 「チャラン!」と鳴るから“チャランゴ”。

・・・ 「ボンボン!」と鳴るから太鼓は“ボンボ”。

・・・ ギターは楽器説明の時間が短い。



● 「サンポーニャ」は一本一本の管が並んだ笛。

・・・ ビール瓶を鳴らすのと同じ原理で音を出すので、初心者でも比較的早く音が出る。

・・・ ハーモニカのように一音ずつ順番に並んでいるので、管の位置になれるとすぐメロディーが吹けるようになる。

・・・ 最初は音量が出ないので練習しても近所迷惑にもならないので練習場所には困らない。

・・・ 音量を大きくしたくてに夢中で強く吹くと、頭がクラクラ(倒れそう)になるので、無理(ムキ)な演奏は要注意!!

・・・ サンポーニャはそれぞれの音程の管を紐で結んで閉じてるが、本番中に紐が緩んだりして管が抜け始めると悲惨な結末が待っている。

・・・ メロディ通りに管を横に並べて閉じると演奏は楽になるが長い楽器になってしまう。

・・・ メロディに必要な管だけを並べて閉じる事が出来る。



赤い帯の 「マルタ」(標準)     ・
緑帯の  「サンカ」(低め)     ・
他に小さい「チュリ」(高い)     ・
身長ほどの「トヨ」 (とても低い)がある


● 「チャランゴ」「マンドリン」等の弦楽器類の弦が切れるのは、大抵が本番中。

・・・ 一本弦が切れても複線なので何とか演奏を続けられる。

・・・ 弦の数が多いので、目的でない弦を回し続けていることが多い。

・・・ 弦の購入が困難なため、切れた時に近くの楽器屋での”即”補充はまず不可能。(釣り糸で代用のことも)

・・・ 今使用している弦は何時張り替えたのか・・・覚えていない。



チャランゴとマンドリン 組み合わせは違うが共に10弦


● チャフチャス(動物の爪を集めた打楽器)は演奏中に爪が取れてバラケルことがある。

● フォルクローレはケーナが吹きたくて始めたはずなのに、気が付くとサンポーニャ、チャランゴ、ボンボといつの間にかいろんな楽器に手を出している。

・・・ フォルクローレにおける上手なギター奏者は貴重! そんな方はケーナなどの管楽器演奏も上手なことが多い。

・・・ フォルクローレのおける上手なボンボ(par)奏者は貴重! そんな方はサンポーニャなどの管楽器演奏も上手なことが多い。